←←  home / 過去ログはこちらへ →→
 

.
2003年11月19日 
台湾 4日目
.


 この日はひたすらひたすら故宮博物院を観ました。

朝10時から17時まで。途中で倒れそうになりました。
あんま休んでると全部見切れなさそうだし休まないともたないしで、やっぱり広い故宮博物院。一通り見て回って1日だからじっくりみたらもう少しかかるかな。まぁルーブル美術館とかみたいに1週間とかいうことはなさそうです。あとやっぱり国民党が本土から持ち出したものだから大きなものはあまりないですし。

思わず800元(=2500円くらい)する本を買ってしまいました。勉強せねば。

夜はまた従兄弟と会いました。会社の友人を連れてきてくれたのです。
日本人の方3名と台湾人のtさん(男性)とaさん(女性)。皆さん英語が上手で、…英語が苦手な自分を呪いました。やっぱ出来なきゃ駄目だな。
で、tさんの家族が、松山夜市でお店をやっているとのこと。案内してくれることになりました。
2日目にちょっと士林の夜市を見た時は「基本的に何も食べない方がよいですよ」と言われていたので我慢しちゃいましたが今日はもう残り日程もないし大丈夫。食べます。

臭豆腐 台湾名物。ホント臭い。揚げ豆腐が臭い感じ。でもまずくないよ。大好きとはいいませんが…
蛙○下蛋←○は漢字を忘れただけ。
蛙の卵という飲み物。タピオカミルクティーだけど、色々なフレーバーがあってうまい。でもまずいフレーバーも。でも蛙の卵と言い切られると…飲みにくくないか?台湾人よ
あと貝?の入ったオムレツみたいなやつスパイシーソースかけ、とか炒飯といいつつ餅米の炊き込みご飯とか、よく分からないスープとか食べました。あとタコスというかクレープというのがいいのか、そんな感じのも食べた。

何を言ってるか、この説明じゃ全く分からないと思いますがなんせ中国語が全く分からないので食べたものがなんなのか正確には分からなかったです。漢字をメモってくればよかったんですけどね。

かなりお腹いっぱいで帰宅、というか帰ホテル。
風邪気味で就寝。

明日帰るのに熱はまずいだろ!SARSと区別つかんじゃないか。



.
2003年11月18日 
台湾 3日目
.


 

<新光三越からの台北の眺め>※今のところ台北で一番高いビル。2ヵ月後くらいに101というビルがオープンするらしく、それが一応世界一高いビルになるらしい。その名の通り101階建て。


今日は一人観光。
夕方から従兄弟に会う約束をしました。

まずは近場で龍山寺に。龍山寺は地元の熱気が感じられて良いところでした。色々な神が祀ってあります。説明文があるところもあるので漢文をじっくり読めば、なんとかその神が誰か分からなくもない。…関羽なんだコレとか。そのレベルでしか理解出来ませんでした。
その後二二八平和公園へ。228記念館やら国立博物館なんかがあります。総督府もすぐ近くなので写真を撮るなら良いロケーション。
展示も面白い。

その後、台北駅近くのNOVAビルに行きました。ここはPC関連のお店が軒を連ねているビルです。けっこう綺麗にまとまっていて怪しげな雰囲気はありません。意外だったな。値段も日本からの輸入品は日本よりちょっと高く(1割くらいかな)割安感はありません。台湾製やアジア製のものは2割くらい安いものも。まぁ値段だけでいったら面白いものではありませんでした。

その後、従兄弟と会えて、「行きたいでしょ?」ということで、光華市場とその周辺へ。ここは台湾の秋葉原というべきところで規模は秋葉原の0.8倍くらい。秋葉原って…すごいんだなと再認識。これを認識できただけでも来た甲斐はあるというもの。
PC関連は、NOVAビルと同じでそれほど怪しい感じではありませんしマトモにマトモなものを売っている感じ。ただNOVAビルには怪しいものが全く無かったのに対して、ここには海賊版DVDやらVCD(ビデオCD)やらが沢山売られています。値段もVCDなら激安。
中国語の字幕が入るだけでなんの問題もないものです。著作権問題って根が深いですねぇ。日本への持ち込みは出来ませんのでお気を付けて。

台湾料理を食べました。結構高級そうなお店でしたが払うお金は初日の小龍包のお店と変わらないくらい。ふーむ。台湾は食の幅が広いですね。

こっちの人は料理をしないそうです。中国人は料理をあんまりしないと聞いたことはありますが、ホントに全然しないそうで、こちらには日本でいうところのスーパーマーケットがほとんどありません。その代わり市内にはコンビニがものすごい数あります。5軒に1軒はコンビニなんじゃないかってくらい。セブンイレブンやファミリーマートやらサークルKらしきものまで。売っているものも、オニギリなど日本的なものがかなりありますし日本からの輸入品も多い。ただしお茶に関しては、ガイドブックにも書いてあることですが、ほとんどが甘い。微糖と書いてあるものも甘い。無糖なら甘くありません。
ちょっとビールを…、と思ったら台湾ビール数種(10〜20元ほど)、日本のスーパードライや一番搾り(30元以上した。ちょっと高い)まであってすぐ買えます。便利な街です。








.
2003年11月17日 
台湾 2日目
.


 市内観光ツアーに参加することに。無料。
朝8時10分集合というのが元気なかんじ。私は集合時間ぎりぎりまで寝ていて朝ご飯は逃しました。

免税品店→保安宮→孔子廟→烏龍茶店→総督府→中正記念堂→免税品店→昼食→忠烈祠→故宮博物院→漢方薬店→免税品店で解散

ってな感じでビッチリ!さすがツアー。免税品店に3回くらい連れて行かれた気がする。無料ツアーだから致し方ないこと。ここは典型的日本人観光客に成りきると楽しいです。ワイワイ。

烏龍茶店は、大山先生の有り難い講義を聴いた後、怒濤の販売攻勢。あまりに激しいので面白かった。でも言ってることは正しいし面白かったよ。
忠烈祠ではツアーらしく衛兵の交代時間に行ってちゃんと衛兵の交代を見ることが出来ました。儀仗隊です。銃をクルクルと回したりするやつ。で、その後立ちんぼうをするのですがピクリとも動いてはいけないので大変そう。写真取りました。これは面白かった。
総督府は中に入れるわけじゃないのでバスの中から。
故宮博物院は1時間だけ。ガイドの人が説明してくれるのは助かりました。1時間じゃ時間は全然足りないけどガイドは貴重。また来ることにしていたので聞いておきました。それ以外だと、入り口で音声ガイドを借りるしかないんです。

ツアー終了後は、全身マッサージをしました。これも日本では絶対にやらないだろうと思うので参加。面白かったけど、あとで揉み返しが……ちょっと痛い。

この日はこれで終了。へとへと。



.
2003年11月16日 
台湾 1日目
.


 台湾に行くことにしました。
17日〜21日まで1週間の休暇が取れた為、海外に行ってみることに。
何故台湾かというと、第一に台湾に興味があったこと。歴史的にもハイテク産業的にも。第2に従兄弟が台湾にいること。

出発前に時間がなかったため、航空券とホテルがセットになったツアーに申し込んでおくことにしました。基本プランが3日間で3.9万円くらいで2延泊と「ひとり参加料金」を取られて7万円ちょっと。まぁいいか。
16日の午前出発です。早起きして成田に向かいました。
成田は羽田より遠いなぁ…まぁ遠いという点では成田も羽田も似たようなもんだけど。

ツアーだからか、ツアーなのに、なんか分かりませんが飛行機はエアーニッポンでした。ANKってやつです。ANAとは一応別会社ですがほとんどANAです。私は国内線でANAを使うことが多いのですが、イミグレーションがあるだけで飛行機乗って現地に行く過程は国内線とほとんど変わりませんでした。日本以外の飛行機会社だと多少の言葉の壁があるんだけど。

荷物も重くないし、さほど苦労もせず出国。台湾到着。
3時間半くらいでつきます。その割に、機内食が出たりアルコール無料だったり国内線に慣れてるとサービスが良く感じてしまいます。国際線慣れしてないだけか。

空港からホテルまで送迎付きなんで楽です。空港から台北市内まで50分ほどですが、その間にガイドの説明を聞いたり両替をしてくれたりします。この時のレートが1万円=3400元。後で考えてみると一番レートが良かった。銀行とかで両替すると手数料引かれますし。

ホテル到着後、まずは飯ってことで、小龍包のお店へ。名前忘れた。有名らしい。たしかに行列出来てたので並ばずに入れたのはツアーの良いところ。800元取られましたが後で聞いたところ妥当な額だそうだ。味はおいしかったっす。

ツアーな感じはここで終了し、その後、同行の有志と「占い横町」へ。私は全く占いに興味がないので一人で居ても絶対行きませんがこういうのは、ノリなんで行くことに。結果は「起業せず地道に行きなさい。結婚は30か32歳。子供は男1女1。保証人になってはいけません」という至って平凡なもの。ありがたやー(笑)これで500元=1500円くらい。まぁいいか。
その後、名物の足裏マッサージへ。痛いと聞いていたがそんなに痛くない。右足だけ少し痛かったけど言うほどのもんでもない。意外でした。健康なのかな?

市内観光は以上で、ホテル戻って有志で飲んで話してました。日本人で集まってどうすんのさ、という意見はさておき、見知らぬ人ですから面白いものです。しかも私は4泊なんで1泊くらいはまぁいいってことで。

就寝。眠い。



.
2003年11月9日 
高松うどんデー 2日目
.


 この日は地元の方のお勧めにより、まずなにやらどっちの料理ショーとかに出て有名になったらしい通称「るみちゃん」(?)という立ち食いうどん屋に行ってみることにする。るみちゃんだっけなぁ…とりあえず店の名前は書いてなかった。

るみちゃんは、うどんをゆでてくれる、お店のシンボルのお婆ちゃんの名前です。

高松駅の隣の駅である香西から歩いて行きました。ちょっと遠い。場所は…なんともいえないので自分で調べて下さい(笑

これがなかなかうまかった。紹介してくれた地元の方によると家の近くだったのに全然気づいてなかったそうだ。近くのスーパーの駐車場が県外ナンバーの車で埋まってるからなんでだろう?と思っていたら気づいたそうだ。で後日、どっちの料理ショーとかに出てて「ふーん」と思ったらしい。

店は10時からやってます。12時半までやってるんだった気がする。その後は確か4時か5時からだっけな。でも朝の早く方がよさそう。なぜならすごく並ぶから恐るべし人気店。竹青とかも並んでた気がするけどこっちは立地条件を考えると恐ろしいなあ。

ちょいと並んで、店にはいると、何玉頼むかによって値段が変わります。「2玉」と頼むと2玉をどんぶりに入れてくれます。それに応じてお客は自己責任でお金を無造作に置かれてタッパーに入れます。おつりも自分で計算して取ります。無防備っちゃ無防備。
で食べ方は、卵をかけて食べます。お好みでダシを入れて味付け。基本的には卵で食べる。昔、ナンチャンがテレビで同じように食べてるのを観たよう気がする。コレ食べたかったんだよなぁ。ちなみに卵も有料ですのでうどん代を払うときに一緒に払うのが良いです。

うまかったなぁ。うーん。また行きたい。こんでなければだけど。

あとこの日はどこで食ったっけな…記憶が曖昧。もう1軒は行ったはずなんだが…。
さすがにお腹いっぱいというとか、うどんに飽きてコーヒーとか飲んでました。

あと私が大好きな「3匹のこぶた」(瓦町駅の近く)のフルーツサンドとケンタッキー(鳥とベーコンのホットサンド)を食べました。アイスも食べた。ここうまい。前の日記にも書いた気がしないでもないが、高松行ってうどん食べた後に行ってみて!

そんなこんなで高松終了。
少し太った気がするのでした。



.
2003年11月8日 
高松うどんデー 1日目
.


 今週末は、仕事が一段落したのをいかして、うどんの国 香川県高松までうどんを食いに行ってきました。
3月〜6月で高松に行きまくってうどん漬けになってからというもののあの味が忘れられない!ということで飛行機代払ってうどんを食べるのです。

まず高松に着いて、バスで市街へ。
1)ねっこ
温泉たまご冷ぶっかけを食べる。タレが好き。朝は最高。
2)うどん市場
行きかけたけど行けず。もったいない。
3)はなまるうどん
今や東京にもあるチェーン店だけど地元の高松のお店で食べるとなんかうまい気がする。かまたまを食す。うまい。普通の「かけ」も食った。2杯…
4)うどん棒
未だになぜ「棒」なのか分かりませんが、「ちゃんぽんうどん」が食べたかった。
ここは少々麺が細め。でコシがある。
冷ぶっかけがうまい。メニュー名は冷ぶっかけじゃなくて、「ひや天」だっけな。天ぷらが乗ってるのだ。これはうまい。

行けなくて残念だったのは、これぞ香川うどん!という感じのセルフ店に行けなかったこと。竹清とか栄枝とか。

夜は、鶴丸のカレーうどんを食いに行きました。

今日は5杯で打ち止め。腹一杯。




←←  home / 過去ログはこちらへ →→